本読むヒトデ

古書店・HITODE BOOKS(ヒトデブックス)の商品や業務などをご紹介します

今の女性誌は薄くて高い

古書店のHITODE BOOKSです。

 

さて、先日、外出先で1時間ほど時間があきまして、普段は古い雑誌ばっかり読んでいるからたまには何かの最新号を読んでみましょうとコンビニに探しに行きました。ファッション誌か料理誌をと思いましたが、コンビニの雑誌の棚にはそれぞれ2誌ほどしかありませんでした。そこで次のコンビニを探して行ってみましたがこちらも同様。ダメ押しに入った3軒目は比較的充実した品揃えでしたが、どの雑誌も薄くて高い!厚さ1cmあるかどうかで900円前後の印象。それを見たら購買意欲がすっかり削がれて、結局おやつだけを買ってお店を出たんでした。なんだか寂しい気持ちでした。今思えば、男性誌も同じ傾向なのか確認すれば良かった。女性誌以外はどうなんだろう。

 

当店が扱う雑誌は70〜90年代、出版業界が元気だった時代のものばかりなので記事も広告も多く、予算の多さが窺える景気の良い企画も多いだけに、雑誌の現状にショックを受けました。きっと今は広告が入らないのでは。2000年代中頃に「ネット広告の規模がラジオ広告の規模をこえた」と話題になった記憶があるけど、雑誌だって…。これはまずいです。日本の文化の危機でもあり、古書店の危機でもあります。特にうちは雑誌のバックナンバーを主に扱っているので、雑誌には常に魅力的であってほしい。電子書籍やサブスクもあるけど、紙で手元に持っておきたいと思わせてほしい。そのためにはまず出版業界でたくさんのお金が動いている必要があるわけで…ヒトデが憂えても仕方ない、途方もない話ですが、自己満足にしかならなくても何かせねばなぁと考えているこの頃です。

考えるヒトデ

こんばんは。お正月に「2021年は新しい事を始める」と目標を立てた、古書店のHITODE BOOKSです。当店はヤフオクとヤフーショッピングに商品を出していますが、つい先日このヤフオクで困った事があり、この年頭所感が現実的な検討事項となりました。

 

「困り事」とは、ヤフオク側の人為的なミスで当店の運営がストップしたという出来事でした。幸い1日で復旧していただけたので大事には至りませんでしたが、やはりリスクは分散させないとな…と考えました。どんなに優れたシステムでも、人が運用している以上はミス、トラブルが必ず起きるものです。また、ミスではないですが今は楽天の出店者も同じく「他のチャネルを持っておかねば、増やさねば」と感じているのではないでしょうか。

 

困惑が半分、これからどうなっていくかなという楽しみな気持ちが半分です。今はどんな風に展開できそうか調べたり考えたりしているところですが、6月には実際に何かを始めるつもりでいます。

’68年初のぼり ロープ・クライミング大会

こんにちは。古書店のHITODE BOOKSです。

 

ブログ(やインスタグラム)のことはいつも頭にあるのですが、どうしても販売することに時間を費やすあまり、更新が疎かになってしまう毎日です。先日も「これは!」と思う雑誌を見つけたのですが、まずは値付けとウェブへのアップを優先。すると、半日でそれが売れてしまいました。

 

その商品がこちら……「週刊朝日」の1968年1月5日新春特大号です。

f:id:hitodebooks:20210414154539j:plain

週刊朝日 1968年1月5日新春特大号


時代はベトナム戦争の真っ只中。特集では「アメリカの中のベトナム戦争」という現地ルポ企画が組まれています。が、当店が注目したのは「’68年初のぼり ロープ・クライミング大会」というグラビアページです。各界の著名人、総勢46人がロープ・クライミングを楽しむ様子をただただ写真で見せる企画で、巻頭と巻末合計18ページに亘っています。

f:id:hitodebooks:20210414154644j:plain

週刊朝日 1968年1月5日新春特大号


折角なので、参加する全員の名前を掲載順に列記してみましょう。肩書は、キャプションに記載されているものです。


【前半】

◎作家/三島由紀夫(1ページ/扉)

衆議院議員江田三郎(1/2ページ)

◎女優/栗原小巻(1/2ページ)

◎音楽指揮者/山本直純(1/2ページ)

クレイジー・キャッツのみなさん(2ページ)

◎体操研究家/竹腰美代子(1/3ページ)

◎評論家/十返千鶴子(1/3ページ)

◎ファッションモデル/入江美樹(1/3ページ)

◎歌手/園まり(1/6ページ)

◎テレビ・タレント/松任谷国子(1/6ページ)

◎評論家/秋山ちえ子(1/6ページ)

◎女優/内藤洋子(1/2ページ)

◎医学博士/杉靖三郎(1/3ページ)

棋士/原田泰夫(1/3ページ)

◎俳優/米倉斉加年(1/3ページ)

◎作家/藤島泰輔(1/3ページ)

◎写真家/大竹省二(1/3ページ)

◎歌手/立川澄人(1/3ページ)

◎歌手/アイ・ジョージ(1ページ)

f:id:hitodebooks:20210414154824j:plain

SKD・ファイブフェザース

 

【後半】

◎前最高裁長官/横田喜三郎(1ページ/扉)

◎SKD/ファイブ・フェザースのみなさん(2ページ)

◎弁護士/正木ひろし(1/6ページ)

◎写真家/三木淳(1/6ページ)

◎心理学者/多湖輝(1/3ページ)

◎画家/生沢朗(1/3ページ)

◎女優/酒井和歌子(1/3ページ)

◎漫画家/おおば比呂司(1/3ページ)

◎女優/那智わたる(1/3ページ)

◎俳優/緒形拳(1/3ページ)

参議院議員/八田一朗(1/3ページ)

◎評論家/石垣綾子(1/3ページ)

◎料理評論家/田村魚菜(1/3ページ)

◎漫画家/久里洋二(1/3ページ)

◎画家/風間完(1/3ページ)

◎テレビ・タレント/高橋圭三(1/3ページ)

◎作家/戸川昌子(1/3ページ)

f:id:hitodebooks:20210414155021j:plain

ロープにのぼる皆さん

 

以上のみなさんです。三島由紀夫さんは二の腕が逞しく、前最高裁長官の横田さんは真面目に取り組んでいるんですが少し辛そうで、クレイジー・キャッツ谷啓さんはおどけた表情で写真に収まっています。

 

f:id:hitodebooks:20210414154719j:plain

クレイジー・キャッツ

なんだか、この誌面を眺めていると芸能人の水泳大会を思い出します。ウィキペディアによると、1970年8月11日にフジテレビが第一回目の放送をしたとありました。もしかしたら、関係者がこの誌面を見て水泳大会の企画を思い付いたのかもしれない、と想像を重ねてしまうのでした。

花やしきの名物おじさん

こんばんは。古書店のHITODE BOOKS(ヒトデブックス)です。

 

最近また「ビックリハウス」を仕入れまして、検品がてら流し読みしていたところ、1979年9月号のある記事に目がとまりました。

 

f:id:hitodebooks:20210225222539j:image

原田治さんの表紙、かわいいです

 

「今月のビックリハウス賞」という記事で、鈴木和次さんというおじさんが表彰されていたのです。

 

f:id:hitodebooks:20210225222956j:image

 

f:id:hitodebooks:20210225223010j:image

鈴木さんは「鬼退治」という射的のようなゲームをするためだけに15年間も花やしきに通い続けていたそうです。それがビックリハウス的に「我が道をゆく尊さを教えてくれました」という事になり取材に至ったようです。鈴木さんいわく、花やしきは入園無料(1979年当時)なので通いやすいのだとか。それでも電車とバスを乗り継いで花やしきに行き、一日で3000円から8000円くらいをゲームに使っていたそうなので、なかなかの出費。しかも1979年の3000円は、消費者物価指数で計算すると今の12000円くらいに相当するのです…鈴木さんの情熱が伺えます。

 

f:id:hitodebooks:20210225225002j:image

↑投球フォームにもそれが出ています

 

記事では編集部と花やしきの広報らしき人とのやり取りも載っているのですが、鈴木さんが花やしきの一員になっているような雰囲気が伺えてほほえましいものでした。

 

私、花やしきには何度か行った事があります。あの二流を貫き我が道をひた走る感じが好きなのです。そして「ビックリハウス」は前にも書きましたがかなりしょうもなく、これに大勢の人が仕事として関わっていたという事が良いなと思います。70年代、80年代の日本の余裕や勢いを感じます。そんなわけで、花やしきビックリハウス、とても良い組み合わせでした。

金子功さんのスタイリング

こんばんは。80年代のファッション誌が好きな古書店のHITODE BOOKS(ヒトデブックス)です。当時の服はつくりが良いのが写真から伝わってきます。何より、夢がありますね。アラカン以上の女性はとにかく服を買うのが好きだという印象がありますが、青春時代のファッション誌が充実していたからなのではと推察しています。

 

さて、昨年末から古い「an・an」を断続的に追加していまして、先日、1983年4月15日号に素晴らしい記事を見つけました。

 

f:id:hitodebooks:20210218195835j:image

 

古いものなのでシミが多いのが残念ですが…。このスタイリングは、どなたによるものでしょうか。レース、ドット、お花…というわけで正解は金子功さんです。

 

この号には金子さんがコーディネートしたページが10ページほどあります。目の保養のために、写真を撮ってスマホに保存しました。こちらにも貼ります。

 

f:id:hitodebooks:20210219140325j:image

f:id:hitodebooks:20210219140343j:image

↑手に持っているカーディガンがとても良いです!

 

f:id:hitodebooks:20210219140331j:image

f:id:hitodebooks:20210219140432j:image

 

あと一枚。

 

f:id:hitodebooks:20210219140515j:image

 

…素敵です。

 

金子功さんのデザイン、ファッション哲学が好きなので、これからも金子さんの記事が載っている雑誌などはまめに探していきます。

昭和31年のチラシ

こんばんは。防災・災害の本もごくたまに仕入れる古書店・HITODE BOOKS(ヒトデブックス)です。そういう本を意識的に集めているわけではないですが、歴史や美術の雑誌は災害について取り上げる事が意外と多いのです。

 

さて、以前ブログに「本や雑誌にはさまっているものも面白い」という事を書きました。先日仕入れた古い建築雑誌にもチラシがはさまっていまして。本所消防署などが昭和31年8月に出した「御知らせ」です。

 

f:id:hitodebooks:20210204141329j:image

 

本文にはこんな言葉が。

 

f:id:hitodebooks:20210204141533j:image

 

関東大震災より三十三周年」!

 

昭和31年とはそんな時代だったのですねぇ。今から33年くらい前の大きな出来事といえば、昭和天皇崩御。当時私は物心つくかどうかという年頃だったので事の重大さが分かっておらず、そのため記憶もおぼろ…。光GENJIが大人気だった事など、身近な事だとわりと覚えています。そんなような時間の感覚…改めて考えてみると意外と生々しいものです。しかしながら、当時の人々の情報源といえば新聞、ラジオ、雑誌あたりでしょうか。過去の事が風化していくスピードは今の比ではなかったのではと思います。

 

このチラシには、関東大震災地震の後の火災で多くの人が亡くなったので防火に気をつけましょうと言う呼びかけと、地震の発生時刻にサイレンを鳴らすというお知らせが書かれていました。これを読み、なぜだか映画「ALWAYS三丁目の夕日」の世界でサイレンが鳴るのが思い浮かびました。

ニュースレターを始めてみました

こんばんは。古書店のHITODE BOOKSです。

 

先日、ヤフオクでニュースレターを初めて配信しました。「今週の出品情報」のタイトルで、その週に新しく出した商品をざっくりと紹介し関連のリンクを張ってみました。私自身が普段受け取っている各種メルマガとは大違いで、とても質素なものになりました。ガラケー時代のメルマガのような。色々と模索しながらの配信になりそうです。

 

ニュースレターは、ヤフオクの商品の詳細画面にある「ニュースレター配信登録」ボタンをクリックするか、入札時に表示される「このストアのニュースレターを申し込む」のチェックボックスにチェックを入れるとお申し込みになれます。雑誌のバックナンバー、民藝、建築、古典芸能、文化人類学などのジャンルでお探しのものがあれば、ぜひご登録下さい。週一ペースでお送りするつもりです。よろしくお願い致します。